China and the America cannot participate
ELONCITYは電力インフラを数百万の自立のマイクログリッドに分散させる。現地生産のエネルギーは一日中に提供できて、しかも直接共通グリッドと競争する。エネルギー価格は全ての人に対し、透明になる。 Eloncityが提供したオープンなエネルギー技術は再生可能エネルギーより生産した清潔電力をほとんど無料で人々に使用させる。
ブロックチェーンに基づく取引システム
ブロックチェーン技術に基づく取引システムはエネルギー価格を透明化させるが、AIアルゴリズムはリアルタイムに公平に市場価格を見つけて参考にする。
スマートエネルギーストレージシステム(ESS)
モノのインターネット(IoT)技術を用いるESSは現地生産の再生可能エネルギー需要を調和することができる。
スイッチングDC電源システム
新たな最後の1マイルはピークロードを永遠に消すことに役立つ。
家庭用電器の直流化
直接にDC電流によって駆動される家電は重複な電力変換をなくし、現地生産の再生可能エネルギーの競争力を高めた。
貯蔵パワーの照明(PoSp)
新たなマイニングプランによってESSが投資適格金融財産になれた。
ブロックチェーンに基づく取引システムはエネルギー交換を更に透明化させた。
2014.Q4

POMCubeを成立。電池エネルギー貯蔵システム(BESS)を開発。

(a)現地電力需給を最適化し、

(b)再生可能エネルギーの更なる大規模の利用を可能にするようになった。

2015.Q3

初めてのBESS製品であるiCANの試作生産を開始。

北アメリカでiCANの初めての市場テストを行った。

2016.Q1

ユーザーに友好で操作しやすく、家庭用に適切なBESS製品を市場にリリースした。

スマートBESSに基づくバーチャル発電所をプレゼンした。

2016.Q2
北アメリカでiCANの大規模の市場テストを行った。
2016.Q4

セカンドBESS商品であるiCAN Lightを市場に出し始めた。

オフネット市場(グリッド配備が乏しいエリア)の開発を開始。

オフネット市場に対するBESSとNetZeroアプリの研究開発を開始。

2017.Q3

リアルなオフネット環境の下で現場プレゼンを行った。

NetZeroは分散型エネルギー資源(例えば、グリッド電力、ソーラーPV電力、天然ガス発電装置など)を成功裏に管理し、最適化した。

2018.Q3

Eloncityトークン (ECT)の販売活動。

NerZero技術に基づいて、初めての電力自給自足区域の建設を開始。

Eloncityマイクログリッド(ECTP利用可能)の初企画を提出する。

2018.Q4

ArcBlockオープンチェーンアクセス・プロトコルでECTPをサポートする。

1500V DC電流のエンドポイントとスケジューラでECTP互換DCbusを実演する。

AIアルゴリズムでリアルタイムのエネルギー価格を計算する。

400V DC電流デバイスを現場で試験を行う。

2019.Q1
CybermilesのPlasmaレイヤーでEloncityエネルギー取引とスマートコントラクトプラットフォームを実行し、Eloncityトークンマイニングメカニズムにサポートを提供する。
2019.Q3

ECTP取引システムとDCBusシステムの登場。

ECTP取引プラットフォームとECTP互換DCbusスケジューラのコードをリリースする。

DCbusスケジューラの統一標準と書類を発表する。

ECTP互換BESSは低電圧H型垂直軸の風力発電機をサポートする。

2019.Q4

1つ目と2つ目のECTPプラットフォームに基づくEloncityマイクログリッドを発表する。

現地政府と共同開発した1つ目と2つ目のECTPマイクログリッドを発表する。

200v DC電流の下の家庭用電流の直流化を現場試験を行う。

2020.Q1

Eloncityマイクログリッドを配置するプロジェクト開発業者に対するガイドブックを発表する。

BLSPハードウェアプラットフォームに対してNRTLとFCS認証を行う。

マルチ層のDCbusの統一標準を発表する。

2020.Q2

第一回ECTP大会はメキシコのロスカボス(Los Cabos)で開かれる。

EV-to-gridアプリをサポートするECTPプラットフォームに対し現場で試験を行う。

現場で配備されるECTP互換BESSに貯蔵する再生可能エネルギーの総量が1テラワットアワーに達する。

2020.Q4

ECTPをサポートする開発業者とサプライヤーは百社に達する。

Eloncityマイクログリッドと集中型ACグリッドと電力交換を行う。

200v DC電流ソケットに対して提出した統一標準を発表する。

2021.Q2

現場配置するECTP互換 BESSに貯蔵する再生可能エネルギーの総量は百テラワットアワーに達する。

第二回ECTP大会は中国の杭州で開かれる。

ECTP互換のEV車を発表し大規模に量産する。

2021.Q4

3つ目と4つ目のEloncityマイクログリッドを発表する。

現地政府と共同開発した3つ目と4つ目のECTPマイクログリッドを発表する。

200 v DC電流を用いるSAE J1772の提案を発表する。

2022.Q2

ECTP標準は大規模に使用される。

ECTPをサポートする製品に対するツールバッグとデザインガイドブックを発表する。

第三回のECTP大会はドイツのフランクフルトで開かれる。

2022.Q4

ECTPをサポートする開発業者とサプライヤーは1千社に達する。

200 v DC電流を業界の標準とする予定である。

アメリカ消防協会は00 v DC電流コネクタに対し安全テストを行う。

ECTPコントロールプラットフォームはクロスマイクログリッドの充電/放電をサポートする。

投資者
出版社
グロバールプレイヤーと協同努力
チーフ提携パートナー
Krypital Groupは業界トップクラスのコンサルティング会社であり、グロバール顧客に専門的、全面的なブロックチェーンの営業販売サービスを提供する。
Andy Li創始者

PomcubeのCTO/CEO であり、ChinaCacheの元CTOである。

アリババの研究員として中国で初めてのDCデータセンターを作った(2010)。

Ciscoの主幹エンジニアを担当していた時に、アジア/アメリカでたくさんのバックボーンネットワークを設計した。

住宅とSOHOのための世界初の商業用可能のエネルギールーター。

Michael Nguyenプログラム開発副総裁

30年間のキャリアにおいては複数の業界を体験した。非営利、先端エネルギー企画と政策からIT研究開発、更には国際製造業務と市場開発まで経験した。

Michaelは17件の特許、4件の技術イノベーション業界賞を持っている。

Justin Wangプロジェクトマネージャー

iCAN、NetZero、モジュール化データセンターとSmart3Technologyのチーフアーキテクト。

中国西安エマーソンネットワークエネルギーコンパニーのSr. ME。

Gregary Liu
アメリカ市場営業販売ディレクター

11年以上のサーバーシステムソリューションアーキテクチャーと製品開発経験。

Mega-Datacenter在OCP / OCS / OPEN19におけるチーフデザイナー。

国立交通大学MBA、台湾大学物理学士。

Dunping Yao
ハードウェアエンジニアリングマネージャー

6年間以上のBMSハードウェア設計の経験。

清華大学原子力と新エネ技術研究院(INET)でVRB充電技術研究アシスタントを2年間担当。

華南理工大学検測技術と自動化設備専攻の修士。

Peng Xu
ソフトウェアエンジニアリングマネージャー

10年間以上のソフトウェア開発、アーキテクチャー設計、データ分析の経験。

NetZeroソフトウェアアーキテクチャーの開発経験。

POMCubeネットワークサービスシステムの開発に協力。

FOXCONNの電子ビジネスサイトの構築とメンテナンス。

Haichuan Jiangシステム検証マネージャー

10年間以上のシステムテストとソフトウェアテストプログラムの経験。

集約通信交換システム、検証プロジェクトを成功に管理。

クラウドプラットフォームに基づくBESSプロジェクトチームをリードする。

Allen Dingプロジェクトマネージャー

9年間の電子デザイン経験。

磁性設備デザインと電源トポロジーの専門家。

南華大学機械工程学院理学学士。

BRYAN ALLEN
CHRIS WHALLEY
ENSOL LI
HAIFENG QU
HOWARD CHOY
MICHAEL YUAN
ROBERT FORTUNATO
ROBERT MAO
KELVIN XU
JASMINE ZHANG
COPYRIGHT ©2018 AIGRID FOUNDATION LTD.ALL RIGHTS RESERVED